選択と手放しと
ずっとどうなるだろうと思っていたことに結論が出て




そしたら色んなことが怒涛のごとく 流れてゆく






同時に 日曜の京都での出店のため



昨日から旅に出てます。





なかなか会えない友達に次々と会えて



話しをしながらも さらに自分の中で色んなことが決まっていき・・・・・



整理されていくというか。







昨日 ライアーのライブを聴いていたとき



もちろんライアーの音色聴いていた。



同時に 聴こえてくるライアーの音色と対話していた気がする。






自分のやりたいことがはっきりするほど



いらなくなったものも見えてきて





ヒーリングライアーを卒業するの そんなに遠くないな~。




決断というよりは自然の流れ。





エネルギーを注ぎたい方向はもはやそっちじゃない。






自分のやりたい形は自分でつくるしかない。



それが一番納得できるよね。




【2017/03/24 23:40 】
日々のこと | コメント(0)
ステラライアーとの付き合い方
19、20とライアーをひく機会があり



19はアンサンブル演奏だったので直前まで練習してたりで



春分にむけてライアー三昧の日々だったな~という感じ。







20日はヒーリングライアーが中心に集まる会だったので



久しぶりにステラライアーも連れ出した。





最近はソプラノライアーばかりだったので、なかなか連れ出したりもしてなく。




ただ、海なら行くよ~とついてくる。




むしろ ステラライアーは海にしか行かなくなった。




もともと そうだったのかもしれない。





今までは他にやってくれるモノがないから



たぶんその役割までこなしていてくれていたのだと思う。





今は ソプラノライアーもあるし プリムライアーもあったり




私の向き合い方も変化しているし




本来の役割に徹する環境がようやく整ったのかな。




どこか どっしりと構えているような



ステラライアー自身も自分の居場所を確立したような。







ステラライアーの名前 "シャスティーナ"なんだけどね。




海(水のある場所?!)が好きなんだね~。


縁があるというか。




山じゃないんだね。







そういえば



シャスタに"レイクシャスティーナ"という場所があって



今まで水がなかったのに 水が湧いているという記事を目にしました。




何か 変化が起きているのだね。




"レイクシャスティーナ" いつか行ってみたい。







そうそう



昨日 タオライアーをひかせてもらったのだけど



サクラ材ってやわらかいからか



大した力いれなくても音が出るのね。



それこそ "押す"感じ。




ステラライアーもだしアウリスのソプラノライアーも楓材。



楓だからか ある程度力入れないと音が出ない。



音のインパクトの感覚ってライアーによって違うのだけど



常に楓しかさわってないから、それに慣れてしまっている。





タオライアーとゲルトナーのライアーの感覚って似てる気がするんだよね~。



サクラ材がそうなのか




どの程度の力でひいて 音がどんなふうにひろがって重なっていくかとか。




その横にひろがっていく感じ 私には扱えないのよね。




違うライアーにさわることでわかる感覚。








【2017/03/21 11:34 】
ヒーリングライアー | コメント(0)
自分のパターンと向き合う?!
初オイリュトミー 参加してきました!!


やってることすべてが 摩訶不思議な世界にみえる。。。。。。。。。。





曲線の動きと 空間と。



教えていただく動きは 初めてのものばかりですが 


どこか自分の中にあるものを引き出して使っている気がしました。









はじめてのことを聞いて動く


そうすると思考ばかりが働いてしまって 


早く覚えなきゃとか うまく動かなきゃとか できないとか まったく自分の世界に入ってしまいます。




参加してる人たちみんなでつくる”空間”があるのだけど


そのパターンになってるときって そこにある”空間”にはいないんですよね。



たぶん そのとき私は その”空間”の外に存在している。



それってすごくもったいないな~と ここ最近はじめましてのWSにいくつか参加する中でわかって・・・・・・・・・。





何度も同じ動きをやっていたとしても 


共有する空間でおこることは 1回1回微妙にちがって


そこで体験できることって1度きり。



だから できるだけ”空間”の中にいるように 心がけたつもり。



カンペキにできることを求める意識じゃなく


空間のなかにいるという意識。(この時点では もはや意識してないのかも)




この空間の中にいたいな~ という気持ちになった。ようやく。







そうなったときに はじめて ゆだねようという気持ちが起こりました。



共有してる空間にゆだねようって。





五芒星になって 形を崩さず動く というのをやったときに


1人だけななめ後ろに歩く人があらわれる。



ななめ後ろってことは ぶつかるかもって思うので チラチラ後ろを見ながら歩きたくなるけど


あ、たぶんほかの人は前向いてるから  よけてくれると思うようになり


途中からは躊躇なくななめ後ろに歩くことができました。





一緒になにかやってても(共有してても) どこかそこに信頼がもてない という私のパターン。



信頼して ゆだねれる


どうすればいいのか なんとなくわかった気がした。









よく ”ゆだねましょう” とかスピリチュアルな本やWSで聞くけど、


それって 具体的になにをするの??っていつもつっこみたくなるのは私だけ?!





ついでに 今でもわからないのが


”愛を送りましょう”



よく見たり聞くけど 具体的になにをどうするの???



WSなんかでさらっと使われたりして 何度つっこみたくなったことか。








理解の仕方って 人それぞれだけど


私はあるときから 上記のようなスピリチュアル系でよく使われる言葉がまったく入ってこなくなりました。



本やブログなど読んでも もう言葉(内容)が入ってこない。




遠隔ヒーリングでメッセージをいただいても そういう言葉がよく使われたりして内容がまったく入ってこない。


(そういうこともあって 自分でも遠隔ヒーリングをやめた)





私の場合は たぶん ”体験”を通してしか そういう言葉は理解できない思考回路になってしまった。


ある程度 ライアーをやった時間が積み重なった結果かもしれない。



そもそも ライアーとか 言葉のコミュニケーションじゃないところに浸ってる時間が多くなったためか?!




つきあい方なんだろうけど。


いまの私にとっては それが最善なのだと思っている。






s-画像 230

















【2017/03/16 12:13 】
思い | コメント(0)
3/19 ライアーコンサート
ライアーひきます!


s-ライアーコンサート3・19


3/19(日) 郡山ライアーの会のライアーコンサート
   14:00~15:30  @ミューカルがくと館 中ホール


 
 参加無料ですが、参加されたい方は 事前にお問い合わせ先へ連絡してみてくださいね。
  郡山ライアーの会(カシオペイア内)  024-952-7583  
                          utk☆cassiopeia.co.jp (☆を@にかえてください)
 

 



郡山ライアーの会では 基本的にそれぞれが練習してきて 本番当日早く集合して朝から合わせるパターンです。


当日は 9:30集合で練習。


そのときにバランスをみて ひくパートを決めたり。




朝から練習したら 本番まで集中力持つかなー。











さすがに 直前なので 練習してます。


ほどほどに。


あんまりやっても飽きるし。



めりはりをつけて、という感じ。




ひきながら どの指使いだとスムーズかな~とか 


2音ないし3音ひくところ もしうまくとれないときは この音さえはずさなければそれなりに形になるとか



受験対策的な??



それでいいのか?!






いくら練習してても 本番って予期せぬことが起こったりするもんです。


ふだん間違わないようなところで音はずすとか 指使いがうまくいかないとか





何度もひいていると 自分が陥りやすいパターンがわかるので 


あるいは 例えば10回中どれくらいカンペキにひけるのかとか 



そういう部分を見ながら 対策を考える。



ここは(この曲は)対策いらないけど ここは対策いるな~とか。



おのずと 手を抜く部分と 思いっきり手をかけなきゃいけない部分にわかれるのです。



おいおい そんなことやってないでまんべんなくちゃんと練習しなさいと言われそうだけど。



そもそも 単純なことのくりかえしはあきるからね~




やっぱ 受験対策のようだね。






そういうこともやりつつの



『にじ』  ようやくひきながら歌えるようになってきた!


楽しくなってくるわ~。


(コンサートでは そんなシーンはありません。)



やはり 本来のすべき練習からはずれている。。。。。。。。。。。。








s-ライアー 024





【2017/03/16 11:24 】
ライアー | コメント(0)
透明でいること
エネルギーの話しです。




透明(クリア)でいること




ここ何ヶ月か 私のテーマになっている感じ。







11月にスピリチュアル系WSのお手伝いをした時のこと



参加するのとスタッフは全然違うんだな~と知りました。



エネルギーの使い方が。





初めはどうしたらいいかわからなかったのですが



本能的に 透明になったらいいと感じ



エネルギーをクリアにしたらラクになりました。




そのあたりは



意図すれば(イメージすれば) カメレオンのように色を変えられると思います。




クリアにするとラク なるほど~!!と思いました。





原理はよくわかりませんが



通過させる感じ?!



透明じゃないと つっかえる。(結果、余計なモノを引き込んでしまう?!)









演劇WSに参加したときのこと



エチュードという即興芝居(練習のような?)を3人1組でやりました。



数人で何かをつくるって エネルギー混ざるんですね。



なんとなく 無意識にも お互い波長を読む、みたいなところもあり。





その時に 本人は意識してるかはわかりませんが



オーラ?エネルギー?をクリアにしてる方がいて



そういう方とだとすごくやりやすかったです。




エチュード "即興" だから余計そう思ったのかもしれませんが。







常に透明でいる必要はないと思いますが



色んな人やものが混ざり合うような場では



なるべくクリアでいることを意識しようと思います。





ただし 人があんまりいないような森の中でこれをやると



クマに出会う可能性アリなので



人間の気配は消さないよう お気をつけ下さい。(過去の経験上)



【2017/03/08 14:30 】
宇宙 | コメント(0)
ワタツミ again
日曜日 かなりおひさしぶりに江ノ島へ行きました。



海に会いたくなった。



s-江ノ島2017・3 003




お天気が良くて あたたかかったので すごい人。



こんなに人であふれてるのね~。





お店がオシャレになったんじゃない??




江ノ島神社 こみすぎててスルーしましたよ。




奥まで歩いて ようやくお参り。奥津宮?




そのとなりにある龍宮。


私が行く時はほとんどあいてない・・・・・・・・・・。


人が行かないような時に行くからかな?!



でも 今回ひさしぶりにあいていたのです!



やった~!!



お参りしてふと説明書きの看板をみました。


  ”龍宮(わたつみのみや)”




いつもあいてないからとスルーしてて気づかなかったのか、


龍宮は ”りゅうぐう”って読むもんだと思ってた。



”わたつみのみや” なんだねー。






以前 ”ワタツミ” (海神?綿津見?) とつながったことがあって



会ったことあるといわれたけど、そのときは????




その後 穂高神社の奥社がワタツミとつながりがあることがわかり


それかな~と思っていたら



あまりに身近すぎて気づかなかったよ。




穂高神社の奥社にもかなりお世話になったけど


江ノ島もだ~。




やはり 大変お世話になっている。。。。。。。。。




穂高神社奥社のある上高地も江ノ島もどっちも大好きな場所です。


ほかの色んな場所より ご縁が強い気がしている場所。








今回は3日に手づくり用パーツとかビーズとか探しに浅草橋を歩いたのだけど


つくりたいモノは海のイメージばかりだった。




次の日 サンシャインシティで沖縄のお祭りをやっていて宮古島のパンフいっぱいもらってきたし。



かなりの海モードができあがっていた。






江ノ島の海に会いに来たけど


同時に 海の神様にも会いに来てるんだね。




s-江ノ島2017・3 007








【2017/03/07 19:51 】
| コメント(0)
新しいバランスをつくればいい
日曜日のWSで 後半に”歩く”ことをやりました。


踊りでもなくダンスでもなく カラダの動きをつかって表現する?? そういうWS



”歩く”ときに


腰あたりに重心を感じて歩いてみる

  ↓

みぞおちあたりに重心を感じて歩いてみる

  ↓

胸のあたりに重心を感じて歩いてみる

  ↓

鎖骨のあたりに重心を感じて歩いてみる

  ↓

のど に重心を感じて歩いてみる

  ↓

こめかみに重心を感じて歩いてみる





そんなふうに 重心を感じる場所を移動してまっすぐ歩くことをやりました。



おもしろかった!!





みんな結構こめかみに重心を感じて は気持ち悪いとか言ってたんだけど


私は重心が高い場所になればなるほど なんか楽しい~!!って思って。




なんだろう。


たぶん 得意なカラダの使い方とかバランスってあって


こめかみに重心をもってくるって 案外慣れているのか、キライじゃない。



宇宙人だから??


逆に あんまり地に足がついてないのかしら・・・・・・・・・・。



ヒーリングライアーも タオってあんまり興味ないし。


だからステラライアーを使ってるのかも。



そんな気づきもあったり。。。。。。。。。。。。。







このワークで最大の気づきは



バランスって その都度合うものをつくればいいんだ!!ってふと思ったのです。







何年か前に 宮古島で足の指を捻挫した事件があって(諸事情により健康保険証持ってなかったから病院行かなかった・・・・・・)


それからなんとなく歩くときのバランスがしっくりきてなかった。



ケガをした指が曲がらなくなっていて たぶんそのときから本来のバランスがわからなくなった。




そして それを いままでずっと引きずっていた。



本来のバランスってどんなんだったっけかな~??って。






でもそうじゃなくて いましっくりくるバランスをさがしたらいいよな~って思った。




過去をあれこれ考えるのでなく いまここで必要なバランスをつくったらいい。





うまく歩けてないと思ってたけど 歩くことを何度もやってた時に


いやいや 歩けてるじゃん!って思った。


いまの状況で 最適なバランスで歩けてるな~って。




いろいろカラダをゆるめながら 動かしてきての歩くワークだったからかもしれないけど。





本当はすごく簡単なことだった。



カラダとの対話で解決したらよかったんだね。


いま必要なバランスをさぐって。





予想外に 気づきがたくさんあって とても良い機会でした。






s-2013冬至・2014春分 沖縄 など 081





【2017/02/28 23:26 】
日々のこと | コメント(0)
すべての感覚を使う
からだとメディア研究室 主催の「村本すみれさんの月いちワークショップ」に参加してきました。




踊る?  ダンス??

 
なにをやるのかいまいちわからないけど  身体をつかって表現するっぽいゾ!



おもしろそう!と思って参加を決めました。





あえて既成概念に埋め込むなら ”コンテンポラリーダンス” なのかな~?!






踊りって全然やってこなかった未開のゾーン。



でも おととしかな。


春分の日に宮古島で yuraiの”いのちのしま”のフラ?トライバルダンス?を踊ったんだよね。



あのときの 魂がゆさぶられる感覚は忘れられない。



受け取った カケラのようなモノは ずっとハートの中にあって


いつか またここに戻ってくるタイミングを待っていたのかもしれない。











きのうのWSでは カラダをゆるめること中心にやってたのかな。



カラダってこんな動きができるんだね~とか 自分でもビックリ。






自分の持ってる感覚 動き



それが 誰かと出会って またそこで新たななにかが生まれて・・・・・・・・・・・・





ゆだねてる中で起こるいろんな事が すごくおもしろかったな~。






終わったときに すごく解放された感覚があって とってもスッキリでした。





これって何なんだろうって 冷静に考えてみたら



たぶん 五感かそれ以上の 自分の持ってるすべての感覚フル稼働





使ってないカラダの部分を 動きとして表現したときに 


きっとそれはエネルギーまでも動かしていて



ふだんOFFにしてる感覚も 使わざるを得ない状態になっていったんだな~と思います。



カラダをゆるめるのと同時に 徐々に 徐々に ONにしていったんだよね。







スピリチュアルな学びを経験することで いろんな感覚がオープンになったと思う。



でも それは日常では使わないし


きっと セッションという形では フルに使うことはないんだよね。(私は)




使いたくても使えなかった感覚(エネルギー)は どっかで使ってあげないと滞ってしまうのかも。





たぶん ひさしぶりに そういうところをフルに使ったから スッキリだった。








ヒーリングとかしてる人って メンテナンスしなきゃいけないといわれるのだけど



一番簡単なのは 誰かにヒーリングやマッサージしてもらってメンテナンスなんだよね。



私の場合 セッションとか必要と思ってないので(たぶんそういうのキライ) 全然リラックスもリフレッシュもできない。

 




でも 今回WSに参加して 一番いいリフレッシュ方法を見つけた!


自己解決型の人は 踊るとか 身体表現を使うといいのでしょうね。




そもそも すべての感覚フル稼働させる機会を持つことが大事だとわかりました。











知らない世界にとびこむことで 知らなかった自分を知る




2月は思い立ったように お芝居のWSへ行ったり 今回の踊り?のWSへ行ったり。




未知の世界は おもしろかったー!!



自分の中に 新しい風をたくさん吹かせました。







s-2015沖縄 116






【2017/02/27 15:50 】
アート | コメント(0)
"動き"の中で・・・・・
"表現すること"を色々試し試しやっていて




ライアーもそうなんだけど




音を響かせるのは手や指だけじゃなくて



カラダで響かせてるのだよね。





全身の動き



カラダ全体を使ってる





そういう"動き"とリンクしているのだな~とぼんやり思うことがあった。






だからオイリュトミーがあるのよね、たぶん。




そこはあんまり踏み込まないようにしてきたけど



今年になってそのへんがスコーンと吹っ飛んだ?!





むしろ"表現"というものにリンクしているだろう、カラダの動きとか



今はとても興味がある。




なんだかんだで 来月オイリュトミー行ってみるのだけど。





今月は、人生初の演劇WSに出てみたりもしたなー。



これはこれでおもしろかった。







秋頃から毎月 プリミティブ・テキスタイルWSに通い



腰機織りで色んなモノを織ることをやりながら



伝統的な手しごとにあるカラダの動きを体験し続けて



どこかで本能的に感じていたのか






"表現"することとそこにあるカラダの"動き"




それがまたあらたなインスピレーションをもたらしてくれるような気がしていて。








今日もスピンドルをまわしながら糸を紡ぎ



そんなことを思いました。




【2017/02/22 22:57 】
アート | コメント(0)
「CAROLAN'S COTTAGE」
午後からお友達の家で手しごとタイムで



茶綿を紡いでました。




友達の家に行く前、午前中はライアーひいてて



帰ってきて夕方もひいてました。




ライアー⇒手しごと⇒ライアー





ライアーも手しごとも、



ハマるとずっとやってたくなる。





エネルギーの向き方が同じなのかもね。









この前のブログで easyパート楽チンでいいなーとぼやいたのは、



「CAROLAN'S COTTAGE」



ジョン・ビリングさんのアレンジバージョン。





なんかひいてて この曲おもしろいな!と感じる瞬間があって



今日はずっとひいてました。





この曲、動画を検索するとギターバージョンばかり出てくる。




ギターの音の方がしっくりくるかも。



曲の感じが。




ライアーだとゲルトナー系?!









一応 来月発表会やるんだって。



まだ何をひくのかはナゾ。



千葉さんたぶんブログラムを組み中だと思う。







せっかく"郡山"なんだから、こういう時に『キセキ』とかやればいいのにな~。(゜∇゜)




俗世間にどっぷりつかってる人の発想です。。。。。。。




それはないな!








去年の終わり頃から



ライアーだからってシュタイナーじゃなきゃいけないのかなって思うようになり・・・・・・




たぶん体や魂のためにはシュタイナー的なことをやった方が良いとは思う。





でも ぶっちゃけ、ハートは楽しくないんだよねー。



ときめかない。





私が楽しいとかときめくのは



いわゆる"俗世間"で流れてる曲だったりする。




私、シュタイナーたぶん合わないわ~。





そう気づいたので



耳に入ってきた曲でいいな!と思った曲を色々ひいてみることにしたのでした。







"表現"することを追究したくて



ライアーもその一つなのです。




【2017/02/18 00:33 】
ライアー | コメント(0)
前ページ | ホーム | 次ページ